建築学科ごっこ

せめて、建築学科生のふりはしていたいから

Photoshopで建築パースと敷地写真を合成する方法を実例で解説②

この記事は下記記事の続きです。

初めてこの記事をご覧の方は、以下の記事から御覧ください。

www.gakka-gokko.com

 

さて、下記が前回の記事までの作成物です。

f:id:houman-arch:20181030150640p:plain

 

今回は、このパースに様々な加工を施し、よりリアルに、より自然に、よりドラマチックにする方法を紹介します。

 

f:id:houman-arch:20181030150640p:plain
f:id:houman-arch:20181013102624j:plain
before after

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STEP6:窓ガラスの反射を再現

 

窓ガラスに映る風景を再現します。

はじめに、添景が作業の邪魔なので、[レイヤー]パネルから添景フォルダの目のアイコンをクリックし、添景を非表示にします。

f:id:houman-arch:20181030160438p:plain

 

 

まず、レイヤーの複製で背景レイヤーを複製し、(もしくは適当な風景写真を新しいレイヤーで開き、)

レイヤーの種類を[オーバーレイ]、に不透明度を[15%]に設定します。

f:id:houman-arch:20181030160508p:plain

 

 

 

前回のSTEP1と同様に[多角形選択ツール]を使い、建物の 窓ガラスの部分を囲みます。

f:id:houman-arch:20181030160602p:plain

 

 

(参考:この選択範囲はあとあと使う可能性もあるので、アルファチャンネルに保存しておくと便利です。)

f:id:houman-arch:20181030160649p:plain

 

 

 

 

再び[レイヤー]パネルを開き、[レイヤーマスクを追加]をクリックし、選択範囲をレイヤーマスクに変換します。

先程範囲選択した窓ガラス部分にのみ、うっすら背景レイヤーがかかっているのが見えると思います。

f:id:houman-arch:20181030160715p:plain

 

 

 

これでなんとなく、窓ガラスの映り込みっぽくなりました。

 

 

 

 

 

(参考:ちなみにこの映り込みを動かしたい場合、単純に移動ツールで動かしても、マスキング範囲ごと動かしてしまい、うまくいきません。

マスキング箇所と独立して画像を移動・変形したい方は、下の図を参考にしてください。)

f:id:houman-arch:20181030160720p:plain

 

 

 

 

 

 

STEP7:太陽光と逆光の再現

イラストレーション・漫画・映画・風景画とあらゆる創作における基本として、

逆光にすればドラマティックになるというセオリーがあります。

 

あらためて完成画像を見てみましょう。

f:id:houman-arch:20181013102624j:plain

逆光の中、薄く光る室内

 

建築パースにおいては、差し込む光と暗くなった建築の側面と、ぼんやりと光が灯る室内をうまく表現できれば、ぐっと魅力的な表現ができるようになります。

 

陳腐な手段ですが、非常に使い勝手のいいセオリーなので紹介します。

 

 

 

 

 

まず、新しく真っ黒に塗りつぶしたレイヤーを作成し、種類を[スクリーン]にします。

さらに、[フィルター]→[描写]→[逆光]を選択します。

f:id:houman-arch:20181030165419p:plain

 

 

 

[逆光]ダイアログがでるので、位置など設定を適当に指定して[OK]をクリックします。

f:id:houman-arch:20181030165443p:plain

 

 

 

 

山の向こうから朝日が登るような、レンズフレアが追加されます。

非表示にしていた植栽も表示してみましょう。

f:id:houman-arch:20181030165738p:plain

 

 

 

ここから、建築と植栽の側面が逆行で暗くなるのを表現します。

 

 

まず、わかりやすさのために、一旦レイヤーを下記の通り少し整理しました。

f:id:houman-arch:20181030173438p:plain

 

 

 

 

背景レイヤーを選択し、

[色調補正]パネルから[トーンカーブ]を選択し、

新しい調整レイヤーを作成します。

f:id:houman-arch:20181030173512p:plain

 

 

このトーンカーブも、植栽を背景になじませるときと同様に、画像の明るさや色を変更できます。

カーブの一部分をクリックしてノードを作り、それを動かすことで背景の明るさを変化させることができます。

 

f:id:houman-arch:20181030173535p:plain

 

単に明暗だけでなく、

写真を青っぽくしたり、黄ばんだ感じにしたり、逆に特定の色味を落としたりもできます。

f:id:houman-arch:20181030173614p:plain

 

 

 

 

 

今回は全体的に暗くした上に、[レッド]と[グリーン]の成分を少し抑え、全体に青みがかった雰囲気を出してみました。

 

お好みで調整してください。

f:id:houman-arch:20181030173719p:plain

 

 

 

植栽と建築にも、同様の調整レイヤーを作成し、クリッピングマスクをかけます。

f:id:houman-arch:20181030173857p:plain

f:id:houman-arch:20181030175540p:plain

 

 

 

 

 これで、写真全体が青みを帯び、早朝のような独特の雰囲気が出るようになりました。 

f:id:houman-arch:20181030165738p:plain
f:id:houman-arch:20181031172925p:plain
背景・建築・植栽に調整レイヤーをかぶせ、暗い雰囲気を出す

 

 

 

 

しかしこのままだと、建物の室内まで暗い印象になってしまいます。

実物の建物であれば、下図右のように室内光が灯っているため、もっと明るい印象になるはずです。

 

f:id:houman-arch:20181031172925p:plain
f:id:houman-arch:20181031173319p:plain
右図のように、室内のみを明るくしたい


そこで今建築に対してかぶせた調整レイヤーのうち、窓ガラスの部分のみをくり抜き、

「建物全体は暗く、窓ガラス部分のみ明るく」

したいと思います。

 

 

 

STEP8:室内光の再現

ここからはより発展的な操作となります。

おそらく初心者の方は何をしているのか、これまで以上に意味がわからなくなってきます。

それどころか、操作の意味を理解せず、単に作業を追いかけるだけでも大変だと思います。

そのためこの記事では、あまり機能の原理や理屈を知ることよりも、操作を覚えることだけを目指して執筆しています。

 

 

初見でいきなり全てを理解しようとせず、もう一度最初から記事を読み直したり、わからない単語を検索して調べたり、とりあえず機能の流れを把握することに努めてみてください。

質問があればここのコメント欄や、メールでの質問も受け付けます。

www.gakka-gokko.com

 

 

 

その他、例えば下記の記事が理解の参考になると思います。

www.gakka-gokko.com

 

 

ある意味でこの工程はPhotoshop操作の鬼門、「レイヤーマスク機能」をきちんと理解できているかという登竜門でもあります。

逆に言えば、このSTEPで何をしているのか理解できるようになれば、Photoshopは脱アマチュアといっていいと思います。

 

 

 

頑張っていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

まず、STEP6で窓ガラスの映り込みを再現するときに、[アルファチャンネル]として保存した選択範囲を呼び出します。

 

[チャンネル]パネルを開き、[アルファチャンネル]をクリックします。

画面が白黒になります。

f:id:houman-arch:20181031181520p:plain
f:id:houman-arch:20181031181534p:plain
[チャンネル]パネルから[アルファチャンネル]を選択



 

[チャンネルを選択として読み込む]をクリックすると、

STEP6で作成した選択範囲が復元され、再び窓を囲むようにに点線が現れます。

f:id:houman-arch:20181031181625p:plain

 

 

 

 

 

再び、[レイヤー]パネルを開きます。

f:id:houman-arch:20181031181836p:plain

 

 

建物にかかっている調整レイヤーの白い四角をクリックしてください。

白い四角がL字で囲まれるとともに、画面の赤い色が消えて、点線のみが残ると思います。

f:id:houman-arch:20181031181839p:plain
f:id:houman-arch:20181031182003p:plain
アルファチャンネルから範囲選択を呼び出す

 こうして、こうしてアルファチャンネルに範囲を保存しておくことで、あとから同じ範囲を呼び出すことが可能になり、何度も同じ範囲選択を繰り返す必要がなくなるのです。

 

 

あとは、調整レイヤーのレイヤーマスクのうち、窓ガラスに当たる部分を黒で塗りつぶしましょう。

[塗りつぶしツール]を選択します。

カラーパレットが[黒100%]なことと、オプションバーの[隣接][すべてのレイヤー]のチェックが外れていることを確認します。

 

f:id:houman-arch:20181031183145p:plain



 

この状態で範囲選択部分をクリックすると、窓ガラス部分のレイヤーマスクがかかり、室内部分のみが明るくなります。

f:id:houman-arch:20181031183816p:plain
f:id:houman-arch:20181031183818p:plain
塗りつぶしによって、窓部分の調整レイヤーが解除される

 

 

 

 

「なんで黒く塗ると明るくなるんだよ!?」


その疑問はもっともです。

 

STEP2を思い出してください。

黒のインクでレイヤーマスクを塗ると、建物のレイヤーが草の形に切り抜かれましたよね?

f:id:houman-arch:20181015104515j:plain
f:id:houman-arch:20181015104529j:plain
レイヤーマスク機能を使うと、ブラシで黒く塗りつぶした箇所が透明になる

今回の操作も原理は同じです。

建物全体にかかっている調整レイヤーに対し、窓ガラス部分の調整レイヤーを黒く塗りつぶすことで、窓の部分の調整レイヤーを解除し、窓が明るく光っているように見せているのです。

 

 

STEP9:仕上げ

仕上げに、テクスチャを上からかぶせて全体の雰囲気を整えます。

今回はフリー素材のポリゴン模様を、[ソフトライト]で薄めに重ねがけて完成です。

f:id:houman-arch:20181031185153p:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:houman-arch:20181013102624j:plain

完成

 

 

 

 

完成品のレイヤーは下記のとおりです。

f:id:houman-arch:20181031193735p:plain

 

 

前記事

www.gakka-gokko.com

 

関連記事

www.gakka-gokko.com