建築学科ごっこ

せめて、建築学科生のふりはしていたいから

【総まとめ】建築学科必見!敷地調査用・CAD・画像編集ソフト 独学の手引き

f:id:houman-arch:20171028183033j:plain

 

4月です。新学期が始まりました。

 いよいよ始まる建築学科生としての生活や、本格化する設計課題を前に期待と不安が入り交じる季節です。

 

中でも建築学科生悩みのタネが、設計課題で必要なPCソフトの多さです。

 

  • どのソフトがどのような役割を果たすのか、
  • それぞれの違いはなんなのか、
  • 自分はどのソフトを買うべきなのか、
  • かっこいい建築パースやキレイなプレゼンボードのためには何が必要なのか
  • そもそもどのようなソフトが有るのか……

 

悩みはつきません。

 

 

この記事では、各種ソフトを3つに分類し整理することでソフト選びのパースペクティブを掴むための記事まとめページです。

 

 

ソフト一覧

本ブログでは、建築学科生が利用するソフトをⅠ.調査、Ⅱ.設計、Ⅲ.発表の3つに分類し、解説しています。

現在のあなたの直面している課題・問題に応じて、必要なページにアクセスしてください。 

 

 

Ⅰ調査ソフト

設計課題序盤、敷地の情報を調べたり、周辺敷地の地図データをダウンロードしたり、地理・気候・統計的なデータを扱うサイト・ソフトの一覧です。

www.gakka-gokko.com

目録

  1. GoogleMap・GoogleEarth
  2. 国土地理院基盤地図情報サイト
  3. VectorMapMaker
  4. カシミール3D・カシバード
  5. 地理院地図
  6. RESAS
  7. 古地図コレクション

 

また、業界調査・情報収集用のツールとしてこのブログではKindle Unlimitedを強く推奨しております。

www.gakka-gokko.com

 

Ⅱ.設計ソフト

かつて製図は紙と鉛筆と定規で行われていましたが、今日ではCADと呼ばれる設計用ソフトによって行われています。

建築学科生が、図面を製図したり建築パースを作るために必要なソフトについて、それぞれの特徴・シェア・値段も踏まえ比較検討する記事です。

www.gakka-gokko.com

目録

  1. Jw_cad
  2. SketchUp
  3. AutoCAD
  4. 3ds MAX
  5. Revit
  6. ArchiCAD
  7. VectorWorks architect
  8. Rhinoceros 3D
  9. Grasshopper

 

 

Ⅲ.表現ソフト

図面や模型写真はそのままでは伝えたい魅力の半分も伝わりません。

適切な加工・編集・強調・レイアウトが行われて初めて一つの作品となります。

この記事では、あなたの設計作品をまとめ上げ、プレゼンボードやポートフォリオとしてまとめるのに必要なソフトウェアとその購入プランを紹介しています。

www.gakka-gokko.com

目録

  1. Illustrator
  2. Photoshop
  3. InDesign
  4. Inkscape
  5. GIMP
  6. SketchUp
  7. 3dsMAX

 

 

 

ソフト学習の手引き

改めてソフトを解説するにあたって、建築学科での代表的な課題の進め方を確認しましょう。

 


建築学科の設計課題は、概ね以下のような流れを取ります。

 

まず課題初日に敷地・機能・規模・構造などの設計条件や、締切・提出図書・表現方法などの課題条件が提示されます。

提出までの期間は、下記の3ステップを繰り返すことによって進行します。

 

  1. 調査
    敷地の性質を読み解く、必要な部屋数や階高・設計面積を積算する、設計する業界の課題や現状を調べる、設計予定地の人口や気候を把握するなど。

  2. 設計
    調査をもとに、敷地内に建てる建築の設計を行う。建物の出入口はどちらの方角か、建物の核となる機能をどこに配置するか、来場者を混乱させる間取りになっていないか、木造にするか鉄筋コンクリート造にするか、人々にとって気持ちのいい空間か、などを考えながら設計する。

  3. 表現
    調査や設計で考えた内容を、教員や仲間に発表する。建築の魅力は、単に口で説明しても伝わらないので、グラフ・地図・図面・スケッチ・模型などを駆使し、多様な表現方法によってアピールする。設計上の問題点や見落とし、逆にもっと良さを磨くべき箇所などのアドバイスを貰う。



上記Ⅰ.からⅢ.を大体大体1週間のサイクルで複数回繰り返し、より良い提案になるよう工夫を凝らします。




 

もちろん現実の課題や設計では、この3つのステップが分離して独立している問ことはなく、行ったり来たり、どのステップにも属さない活動があったり、逆にどのステップにも当てはまるよくわからない試行錯誤が必要であるケースが大半です。





しかし、建築学生が利用するソフトウェアは、概ねこのⅠ.調査、Ⅱ.設計、Ⅲ.発表のいずれかの目的に供するソフトウェアです。

 

そのためこの記事では説明の便宜上、建築学科生の使用する代表的なソフトをこの3つの役割ごとに分類しながら紹介しました。



 

学習方法関連記事

上記ソフトのうち学びたいソフトが決まったら、そのソフトを使いこなすまでの訓練が必要となります。

 

このブログでは、多角的な観点から学生の独学・自習・トレーニングを支える記事を執筆しております。

下記記事一覧を参考にしつつ、適宜不足している能力を伸ばしましょう!

 

 

▼CADを学び始めるタイミングについて。

houman-arch.hatenablog.com

 

▼学び始めるならどのCADがいいの?→迷ってるくらいならJw_cadを始めよう!

www.gakka-gokko.com

 

▼製図リテラシー・設計力を独学で磨く方法

www.gakka-gokko.com

 

▼練習用の建築図面はどこで手に入るの?

www.gakka-gokko.com

 

 

▼表現ソフトの効果的な使い方が知りたい!

www.gakka-gokko.com