建築学科ごっこ

せめて、建築学科生のふりはしていたいから

建築学科における卒業論文テーマの決め方 【卒論と卒制の大きな違い】 

f:id:houman-arch:20180413114644j:plain

 

  • 3回生までの研究:自分の知らないことを調べる
  • 4回生からの研究:だれも知らないことを調べる

 

あなたが計画系・歴史系・構造系・環境系のどの研究室に所属するのであれ、この違いは必ず意識しておくこと。

4回生になっても「自分の知らなかったことをまとめた文章」と論文を混同している者も多い。

 

この記事では、論文のテーマ選びの注意点を述べる。

 

 

 

 

1.卒業論文3つの壁

卒業論文を書くにあたって建築学科生がぶつかる3つの壁がある。

 

1.論文初挑戦

卒業制作の学生はこれまでの4年間の集大成として制作している。

卒業制作は過去3年間の課題の延長線上にある技術と能力で取り組むことができる。

 

 

一方卒業論文は過去3年間の取り組みと断絶した分野で成果を出さなければならないことも多い。

四回生の夏まで論文を書くことはおろか読むことすら初めてという人のほうが多いだろう。

 

 

 

これは卒業制作と比較したとき、卒業論文に取り組む学生が大きく不利な点である。

 

 

2.期間が短い

論文の執筆期間が一年未満というのはかなり短い。

すくなくとも専門知識も論文執筆経験も乏しい人間が初めて取り組むには短すぎる期間である。

 

短期間で先行研究を読み、基礎知識を蓄え、まだ解明されていない研究テーマを打ち出し、それを検証した上で、文章として書き上げなければならないのだ。

 

 

3.入手できるデータが限られている

論文には必ず根拠が必要である。

そしてその根拠は一次資料に拠らなければならない。

歴史系なら公文書や文書、計画系なら実測やヒアリング、構造・環境系なら実験がおもな論文の土台となる。

 

ところが、特定の人脈を駆使してしか手に入らない史料、高価な機材が必要な実験など、学生の研究は学生であるがゆえの障害も多い。*1

学生は学生ごときでも閲覧・入手できるデータを駆使してまだ誰も発見していない事実を探さなければならない。

 

 

 

 

 

卒業論文での苦しみの多くは、上記3点のいずれか(もしくは全て)に起因する。

 

「だから卒業制作のほうが簡単だ!」という気はまったくないし、

「だから卒業論文のほうが苦しいんだ!」と主張する意思も毛頭ない。

 

ただ、「卒業制作より卒業論文のほうが、調べて書くだけだから簡単だろう」などと甘い考えを持つと、痛い目を見るということである。

 

 

 

 

2.勉強したいこと、研究したいこと

記事冒頭でも述べたが、

学生が掲げる卒論のテーマは「研究したいこと」と「勉強したいこと」を混同したものが多い。

 

 

 

 

例えばコンパクトシティをテーマに掲げたとする。

 

この時、コンパクトシティを題材とした専門書を何百冊読んだところで、それは研究ではなく勉強(自分の知らなかったことを知る)である。

 

むろん、「勉強」は推奨されるべき行為だ。

先行研究を読むことは論文を書く上で欠かすことのできないステップであることは疑いようもない。

 

しかし、読んでいる対象が一次資料でない時点で、それはだれかの研究成果を吸収しているだけであり、いわば研究というマラソンのスタートラインにたつ準備運動みたいなものであることは理解しておかなければならない。

 

 

卒業論文は曲がりなりにも研究であり、まだ誰もしらないことを調査から明らかにすることを意味している。 

 

ゆえに、そのテーマを決めるにあたって、そのテーマをあなたが学びたいか否かは実はあまり重要ではない

 

 対象分野についてある程度知悉した上で、「この分野はまだ誰も解明できていない。」という領域が見つかっていなければ研究テーマなど決まるはずがないからだ。

 

 ならばすることは一つしか無い。

あなたが研究したいと漠然と考えている分野についてまずは「勉強」をし、

その中で未解明の領域で、かつ自分でも「研究」できそうなテーマを探す。

 

これが卒論研究テーマを決定するための大前提である。

 

 

3.とにかく論文を読む!

論文を書く上で「大量の論文を読む」ことは避けられない。

 

論文を多量に読めば万事解決というわけではないが、最低でも研究分野に関する論文30報程度(この数字に根拠は全くない)には目を通しておかないと、基本的なリテラシーすら身につかないだろう。

 

論文は基本的にネット上に無料で大量に公開されている。

詳しくは以下の記事に。

www.gakka-gokko.com

 

論文を読む時は、

 

 ・論文の結論

を理解するのは当然として

 

 ・どのような資料・実験・調査を根拠としているか?

 にも注目して読む。

 

そして、その資料・実験・調査は自分でも再現可能かどうかを整理する。

そうすれば、研究者が「どのような根拠を元にどのような結論を出したのか」という思考方法をなぞることができる。

 

 

特に重要となるのはあなたの研究室の教授や先輩の論文である。

彼らが入手できる史料や行った実験は、あなたにも再現可能なものであることが多い。

 

論文のテーマが決まっていない人は、まずは教授に頼み込んで、先輩たちがどのようなデータから論文を描いたのかを聞くのがいいだろう。

 

 

 

 4.「研究したいテーマ」に潜む落とし穴*2

 

 

「研究テーマが決まれば論文の9割はかけたようなもの」

とよく言われる。

 

だから

「最初に決める論文テーマが大切なんだな」

と決意を固める学生も多い。

 

 

これは大きな誤解だと思う。

 

 

というのも、(これは設計課題に熱心に取り組んだ人ほど受け入れがたい感覚だと思うが、)研究テーマは研究の終盤に自動的に絞り込まれるものだからだ。

 

 

 

 

前述の通り、卒業論文執筆には幾つもの壁が存在している。

そのため興味のある分野・やりたいテーマを探し、それを出発点に調査を開始すると行き詰まる可能性が非常に高い。

 

 

なぜなら 

  • ありふれたテーマは先行研究が多すぎて学生に開拓余地が残されていない
  • マイナーすぎるテーマは根拠となる一次情報を確保できない

 という板挟みが卒業論文のテーマ決定には潜んでいるからだ。

 

1.テーマを決める→2.資料を探す→3.論文を書く

という手順を踏むと、 2から3に至る課程で手詰まりになる可能性がある。

 

 

 

解決の方法はある。

1.資料を探す→2.テーマを決める→3.論文を書く

という手順を踏めばいい。

 

 

  1. 興味あるテーマでの既往研究を網羅的に読み込む
  2. 同時に自分がアクセスできる範囲の一次資料の全体像を把握する
  3. 上記1・2の内容をもとに、だれも研究しておらずかつデータが入手できるニッチな分野を見つけ出して研究

 

という手順でテーマを決めれば、スムーズに成果の出るテーマを見つけやすくなる。

 これが「研究テーマは自動的に決まる」といった理由である。

 

 

 

一見すると非積極的に見えるかもしれない。

こんな消去法的なやり方で決定した研究テーマで調査を進めても楽しくないし、意味がないのでは無いのだろうか?と思う人も多いと思う。

 

特に、設計課題のテーマ選びとは全く逆方向の思考だから受け入れがたい人が多いことは容易に想像がつく。

 

 

 しかし、その分野にどれほど興味関心があったところで、成果が出せる見通しの立たない研究より辛いものはない

 

事実、「勉強したいテーマ」を研究テーマにしてしまい、苦しんでいる学生は非常に多い。

 

むしろ、題材事態は地味でマイナーなものだとしても、着実な成果を挙げられる研究のほうが精神衛生上好ましい。

特に模型製作とプレゼンボードづくりに3年を費やしてきた建築学科生は、論文の世界では初心者中の初心者だ。

 

 

 

また、教育上の観点から見た場合、卒業論文に求められるのは研究内容の社会的意義や発見の重要性ではなく、物事を研究する手法や考え方を身につけることだと思っている。

この意味においても、研究のしやすさから逆算的に研究テーマを決めたとしても、それで研究の仕方が身につくのであれば十分意義のある一年となるだろう。

 

 

 

卒業論文の評価は

「あなたがやりたいことをどれくらいできたか?」

ではなく

「あなたが研究者としての技能を身につけられたか?」

という視点によって行われるのだから。

 

 どうしてもやりたいテーマがある場合

卒業研究とは無関係に、独学で勉強・研究するのが無難。

卒業研究では、無難な題材で進めつつ研究の手法・スキル・ノウハウを学び、それをあなたのやりたいテーマに応用して、卒業してからの自主研究に活用したほうが効率的だ。

 

学生の語る「学びたいテーマ」など、その殆どが「研究」ではなく「勉強」で十分なのだから。

 

 

 

結論:研究テーマを決める方法

  1. 関心のある分野の先行研究を読む。(4月~)
  2. 先行研究がどのような根拠をもとに研究を展開しているのかを把握する。(6月~)
  3. 自分でも確保可能な一次資料(史料・実験データ・調査など)を検討し、そのなかでまだ研究されていない領域を見つける(9月~)
  4. テーマを決定し、論文を書く(12月~)

以上が卒論のテーマを決定する方法である(カッコ内の時期はあくまで目安)。

 

念のためにコメントしておくと、、研究終盤になったからと言って、1.先行研究の読み込みが不必要になるわけでもない。

 

関連書籍

 

建築系学生のための卒業論文の書き方

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

関連記事

www.gakka-gokko.com

 

*1:例えば近代における遊廓建築をテーマとした論文を書きたいと望んでも、花街に関する史料は量に乏しく、かつ関係者が公開を拒否するケースも多い。

*2:(以下の内容は主に歴史・構造・設備系の論文を念頭に執筆したものです。住民へのヒアリング調査や設計論等、意匠・計画系論文はアプローチが異なる場合があります。)