建築学科ごっこ

建築学科がむなしくなったら読むブログ

建築学生におすすめのPCの選び方|グラフィックボードに関する補足

f:id:houman-arch:20200307132450j:plain


この記事は、下記の記事の補足です。

 

www.gakka-gokko.com

 

上記の記事では、PCのスペックについては主にCPUとメモリの2つを中心に解説しており、GPUまでは説明していませんでした。

 

その後、GPUに関する質問が増えたことや、PC・ソフト周りの検索流入の増加したことをきっかけに、「グラフィックボードに関する解説も必要かな」と考えた次第です。

 

 

 

この記事では、GPUとはなにかという基本的な点を説明しつつ、GPUがPCスペック周りでも理解しづらい理由の解説を経て、PC選び・ソフト選びにおけるポイントを解説していきたいと思います。

 

 

基礎知識

GPUとは?

GPUはGraphics Processing Unitの略称で、CPUの働きを補助する部品です。

 

CPUはコンピューターのあらゆる計算を担う処理装置ですが、GPUはとくに画面の表示に関する処理を司ります。

そのため、動画編集や3Dデータの編集のように、複雑なデータを高速で処理しディスプレイする作業をする場合、このGPUが無いとPCの動作が不安定になったり、スムーズに表示処理ができなくなります。

 

グラフィックボードとは?

グラフィックボード・グラフィックカード・ビデオカードなど、類似の表現がたくさんありますが、いずれも「GPUが搭載されている基盤」のことです。

ちなみにCPUが載っている基盤は、マザーボードと呼ばれます。

 

PCのカスタマイズとかにこだわる人でなければ、GPUもグラフィックボードもほとんど同じ意味と考えていいと思います。

(「◯◯なGPUを載せている」と「◯◯なグラボを載せている」 は、だいたい同じ文脈で使われる。)

 

GPUの違いや性能がわかりにくい理由

GPUというのは言ってしまえばこれだけのことなのですが、初心者にとっては馴染みにくいパーツだと思います。

その理由は色々あると思うのですが、理由の一つは「製造会社名やブランド名の関係性を知っていないと理解できない」点に在ると思います。

 

以下、説明します。

 

建築ソフトとPCにおけるスペック表記の違い

複雑な3Dデータの描写をする多くの建築系のアプリケーションは、推奨環境としてGPUのスペックやライブラリを指定しています。

そのため新しいPCを買うためには、そのPCで使いたいソフトウェアを動かせる条件が整っているか、しっかりと確認しなければなりません。

 

しかしここに、PC初心者を混乱させる要因が潜んでいます。

 

例えば、各種建築ソフトの推奨動作環境を調べてみましょう。

するとGPUの条件として

  • AutoCAD:DirectX11 互換推奨
  • ArchiCAD:Open GL 3.2推奨
  • Rhinoceros:OpenGL 4.1(win版)
  • Revit: DirectX11 対応

などと記されています。

どうやら、「DirectX」や「OpenGL」という単語がキーワードで、それにまつわる数値を見極めることが、GPU選びにおいて重要なようですね。

 

ということは、これからPC買う際に「Open GL 〇〇対応機種」とかなんとか書いてある機種であれば、それを買ってもOKと判断出来そうです。

 

 

 

 

ところが、事態はそううまくは行きません。

困ったことに、PCのスペック表にはこうした単語が出てこないのです。

 

例えばSurface Pro 7の仕様書を見ると、グラフィックカードの部分には「インテル® UHD グラフィックス (i3) Intel® Iris™ Plus グラフィックス(i5, i7)」としか書いてません。

あるいは筆者の持っているPCのスペック表にも、「GPU:AMD RadeonR7m440」とあるのみで、見慣れない単語ばかり……。

 

 

このように、GPUに関する表記というのは、ソフトが推奨するスペックとPC自体のスペックで、異なる形式で記載されているのです。

 

 

 

なぜこんなことが起こるのでしょうか? 

実は、ソフトの動作環境やPCのスペック表には、

  • GPUの製造会社名
  • GPUのブランド名
  • GPUで使われているライブラリ名

が、入り乱れて使われているのです。

それ故に「どの会社がなんというブランドのGPUを制作していて、それにはどんなライブラリが使われているか」という知識がなければ、GPUを選ぶことができないのです。

 

社名とブランド名とライブラリ名を対応させよう

というわけで、まずは有名なGPUの制作会社と商品名、そしてそれに使われいているライブラリの名前を一通り紹介したいと思います。

代表的な製造会社

GPUを制作している会社は

  • NVIDIA (エヌビディア)
  • AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)
  • Intel(インテル)

の三社がその代表です。

 

NVIDIA (エヌビディア)社は、最も普及しているGPUの制作会社で、オールマイティに処理をこなすスタンダードな会社として知られています。

 

AMD社は通称「アムド」なんて呼ばれたりします。NVIDIAよりも廉価ですが、どちらかといえば上級者向けのパーツを出す傾向にあります。

 

Intel(インテル)社はご存知、CPUを作成している最大手です。が、単独のGPUは作っておらず、CPU内蔵型と呼ばれる出力の弱いGPUのみ製造しています。

 

 

代表的なGPUのブランド

GPUは、作っている会社によっていくつかのブランドがあります。

以下、上述の会社が製造している商品のうち、有名なものの名前を記します。

 

  • NVIDIA社製:GeForce(ジーフォース)/Quadro(クアドロ)など
  • AMD社製:Radeon(レイディオン)/ FirePro (ファイアプロ)など
  • Intel社製:Intel HD graphics(内蔵型)など

 

一般にPCのスペックシートや仕様書のGPU欄・グラフィック欄に記されているデータは、この「GPUのブランド名とそのバージョン情報」です。

そのデータを公式サイトで調べれば、詳しい性能の数値や使われているライブラリ名を検索することができます。

 

代表的なGPUのライブラリ(3DグラフィックのAPI)

一方でBIMソフトの推奨動作環境を読むと、「OpenGL 対応」などの表記が見られますが、これはそのGPU内で使われているライブラリの名前です。

  • DirectX:GeForceをはじめ、多くのGPUで採用。ゲーム系ソフトに多い。 AutoCADやRevitで使われている。
  • OpenGL :NVIDIA社のQuadroやAMD社の FirePro などで採用。クリエイティブ系ソフトに多い。ArchiCADやRhinocerosで使われている。

 

基本的にほとんどのGPUは両方に対応しています。

特にDirectXには、ほとんどのGPUが対応しています。

 

OpenGLは、まれに対応していないPCとかもあるみたいです。

ArchiCADやRhinocerosを使いたい人は、持っているPCのGPUが「OpenGL対応」かどうかを、先にチェックしておいたほうがいいかも知れません。

 

 

例えばMacBookProでも、13インチ版の場合そのスペックに限らずIntel社製の内蔵GPUしか搭載されていません。

またsurfaceシリーズも、全体的な性能の高さの割に、単独のGPUを積んでいないため、これも3Dのモデリングには不向きとなります。

 

以下、寄せられた体験談です。

 

こうしたPCは、CPUやメモリ数には申し分が無いにもかかわらず、3D系のソフトを動かすには力不足になることがあります。

ただしこれはあくまでBIMやモデリングやVRに関する話であって、普通に2DCADやプレゼンシート作成程度であれば、Intel社のGPUだろうがなんだろうが、ほとんど影響はないと思います(その程度なら、そもそもGPUがいらない)。

 

 

また、GPUとソフトの相性というものはありますし、中にはバージョンが条件に満たないGPUが載っているPCもあるかと思います。

不安な人は、PCを選ぶ際やソフトを購入する際に、

  1. これから購入するソフトが、OpenGLとDirectXのどちらの描画ライブラリを使っているか、そのライブラリのバージョンは何か、を把握する。
  2. これから買うPC(もしくは今持っているPC)のGPUスペックをみて、そのGPUの対応ライブラリを検索する。

の2つを行い、PCとソフトそれぞれの相性をしっかりと把握するのが、望ましいのでは無いでしょうか?

 

▼関連記事

 

www.gakka-gokko.com