建築学科ごっこ

建築学科がむなしくなったら読むブログ

表現技術編

図面・パース・模型などを用いた、建築設計の表現技法を解説します。

建築を学ぶ人のための、おすすめプログラミング言語とその学習法

この記事では、建築学生やIT分野に関心のある建設業・不動産業従事者を対象に、 プログラミングで何ができるか? そのためにはどのような言語を学ばなければいけないのか? そのためには、何から始めればいいのか? について、具体的に解説していきたいと思…

建築業界のための、入門用VR機器の選び方

Oculus Rift s (Amazonより) 2012年にOculus Rift DK1が登場して以来、VR業界は驚異的な進化を見せています。 反面、VRと非常に相性がいいと思われる建築業界でのVRの普及は今ひとつです。 BIMやコンピュテーショナルデザインの他、極めて導入コストの高い…

CADで作った平面図をPhotoshopで加工・レンダリングする方法

この記事では、CADソフトや3次元CGソフトによって作成した建築の平面図を、Photoshopにより手動でレンダリングする方法を紹介します。 STEP0.準備 0-1.素材データや添景のダウンロードしておく 0-2.テクスチャを登録 0-3.添景の調整 0-4.CADデータの出力 0-5…

【図面・パース・ダイアグラム】建築プレゼンに必要なスキルを、学習ロードマップとしてまとめてみた

設計課題が始まると、学ばなければならない技術、身につけたい表現スキルがとても多いことに気が付きます。 この記事では、プレゼンボードやポートフォリオを作るにあたって必要となる図面やパースを作るために、どんなソフトやスキルを身につければいいのか…

建築模型作成の参考になる指南書まとめ|道具・材料・図面ほか、作り方がわからず困ったときに読む本10選

建築模型を作る上で参考になる書籍をまとめました。 模型を作ったことがない(1回生レベル) 見てすぐつくれる建築模型の本 模型づくりからはじめる建築製図の基礎 2,3回は作ってみた事がある(2回生レベル) 建築模型をつくろう 建築知識編集 建築模型シリ…

【Illustrator・Photoshop・InDesign】建築プレゼンに使う有名デザインソフトの買い方・選び方

建築学科では図面以外にもスケッチ・パース・敷地図・模型写真・ダイアグラムなど様々なイラストやグラフィックを描く必要があります。 そしてこうした特殊なイラストを書くためには、WordやExcelといったWindowsに初期搭載されているソフトとは別の、デザイ…

図面模写・模型製作の必需品!名作住宅の平面・立面・断面図を収録した書籍4冊

「図面模写をして、設計力を上げたい!」 「模型作成の練習をしたい!」 「どうせなら名作住宅の図面でトレーニングしたい!」 「でも図面が手に入らない!!!」 建築学科に入学した学生が最初にぶち当たる壁です。 新建築とか、建築系の雑誌を買えばいくら…

Photoshopで建築パースと敷地写真を合成する方法を実例で解説②

この記事は下記記事の続きです。 初めてこの記事をご覧の方は、以下の記事から御覧ください。 www.gakka-gokko.com さて、下記が前回の記事までの作成物です。 今回は、このパースに様々な加工を施し、よりリアルに、より自然に、よりドラマチックにする方法…

Photoshopで建築パースと敷地写真を合成する方法を実例で解説

使用ソフト Photoshop ArchiCAD ArchiCADにより作成した建築モデル画像を、フリー素材の背景と合成する方法の紹介です。 完成品画像 STEP0:準備 STEP1:建築モデル画像を切り抜く STEP2:レイヤーマスクと草ブラシによる境界の調整 STEP3:ブラシツールによ…

Photoshopの「範囲選択とマスク」こそ、建築パーステクニックの基礎にして奥義【範囲選択・アルファチャンネル・マスク】

Photoshopで模型写真や建築パース作成する手順というのは、ものすごく省略すれば 切り抜いて 貼り付けて なじませる の3ステップです。 「選択範囲」機能や「マスク」機能はこの第1STEPに当たる機能ですから、建築学科生がPhotoshopを扱う上では基本技法中の…

ArchiCADで作ったモデルをIllustratorで編集するための変換方法【3Dドキュメント機能】

建築コンペや建築学科の卒業設計で作成されたプレゼンボードを見ていると、ダイアグラムやパース、アクソメ図など、立体をシンプルな線で表現したグラフィックを目にすることがあります。 こうしたイラストは、手描きやIllustratorのパス機能で作成すること…

建築プレゼンシートを作る前に読んでおきたい、建築を表現するスキルが身につく良著9冊まとめ

一口に建築のプレゼンシートのを作るスキルと言っても、その内容は多岐にわたります。 構想スキル:設計目的や特徴を整理し見極め、伝えたいことを明確にできる力 表現スキル:伝えたいことを正確に伝えられる図面やダイアグラムを作る力 レイアウトスキル:…

構図・照明・背景で振り返る建築模型の写真撮影反省会

建築模型の写真撮影って、いまいちどうすればいいかよくわかんないですよね。 その理由の一つは、素人くさい退屈な模型写真というものの大半は、具体的にどこが駄目でどこが退屈なのか明白でないことが多いからです。 人間の審美眼というのは極めて正確かつ…

建築未経験の新入生が独学で建築模型を学ぶ方法。【あるいは模型と図面の関係について】

建築模型を独学しようとすると図面が手に入らないという大きな壁にぶち当たります。 書店で販売されている模型入門書やネット上の解説サイトは、カッターの使い方や糊の使い方は懇切丁寧に解説しています。 しかし、肝心の建築図面が入手できないため、建築…

建築模型の作り方より大切な模型材料の整理術 

というタイトルの電子書籍を、実験的に出してみました。 ▼購入はこちら 建築模型の作り方より大切な模型材料の整理法(pixivBOOTH) 建築模型の作り方より大切な模型材料の整理法(Amazon) 概要 【価格】 500円(Unlimited会員なら0円) 【購入方法】 pixiv…

建築プレゼンボードレイアウトの流れと型 -テレビショッピングに学ぶプレゼンの様式美-

建築のプレゼンボードに限らず、他者にプレゼンテーションするには基本となる型がある。 それどころか、紙面上のどこに図面を配置し、どこに模型写真を載せ、どのように視線の流れを作るかという大枠は、かなりパターン化されている。 そのパターンの一つを…

質のいい作品が出来たからポートフォリオを作るのではなく、ポートフォリオを作るから作品の質が上がる

ポートフォリオは就活のためにのみ作るものではない。 過去の自分の作品の編集は、それだけで大きな効果をもたらす。

CADデータをIllustratorで見やすく加工する方法 「3秒で伝わる建築図面」を目指して ~着彩編~

CADでえがいた図面をIllustratorで嫡妻する方法の基礎を紹介。

CADデータをIllustratorで加工する方法 【dxfデータ変換】

建築家の引く図面は、エンジニアとしての「設計図」であり、商売人としての「契約書」であり、ビジネスマンとしての「企画書」であり、デザイナーとしての「グラフィック」でもある。 同じ建物を表した図面でも、あなたがどの立場で書いたものなのか、そして…

時間もスキルもないけどそれでもIllustratorでそれっぽく建築プレゼンをレイアウトする方法

本稿はそのタイトルの通り、建築プレゼンに向けたIllustrator術だ。 具体的には、建築学科生を対象とした、必要最小限の手間とスキルで、必要最低限の見やすさを確保するためのグラフィックデザイン術である。イメージボードやプレゼンシート、あるいは簡易…

【建築模型】カッターの使い方を復習する【なぜ30°の黒刃が使われるのか】

「丁寧に作ろう」といくら念じても丁寧には作れないのは、建築に限らず創作活動の常です。 ですから、模型を丁寧に作るためには「丁寧に作ろう!」とがんばって意識しながら作るのではなく、特に意識しなくても勝手に丁寧に仕上るための工夫を積み重ねるより…

【練習・スタディ・プレゼンに】箱庭的建築模型のすゝめ

幼い頃から箱庭というものが好きでした。そこから生まれた建築模型についてです。

設計課題で考慮すべき「プレゼンテーションの掟」とは?

数年間の建築学科生活を通じて、入学当初よりは幾分マシなプレゼンテーションが出来るようになったと思う。かつてのプレゼンに悩み苦しんだ自分に宛てるつもりで「自分のプレゼンテーションに足りなかったもの」をここに書き記す。