建築学科ごっこ

せめて、建築学科生のふりはしていたいから

設計課題

質のいい作品が出来たからポートフォリオを作るのではなく、ポートフォリオを作るから作品の質が上がる

ポートフォリオは就活のためにのみ作るものではない。 過去の自分の作品の編集は、それだけで大きな効果をもたらす。

CADデータをIllustratorで見やすく加工する方法 「3秒で伝わる建築図面」を目指して ~着彩編~

CADでえがいた図面をIllustratorで嫡妻する方法の基礎を紹介。

忙しい建築学生に足りないのは「時間配分」より「努力配分」の感覚なのではなかろうか

クリエイターの努力というものは4パターンあり、栄養素と同じくそのバランスが寛容なのだが、そこを行くと建築学科生というのはクリエイティブを自称しておきながら自らの「努力の偏食」に全く無自覚なように思われる。そして、その偏りこそ、徹夜しても徹夜…

CADデータをIllustratorで加工する方法 【dxfデータ変換】

建築家の引く図面は、エンジニアとしての「設計図」であり、商売人としての「契約書」であり、ビジネスマンとしての「企画書」であり、デザイナーとしての「グラフィック」でもある。 同じ建物を表した図面でも、あなたがどの立場で書いたものなのか、そして…

時間もスキルもないけどそれでもIllustratorでそれっぽく建築プレゼンをレイアウトする方法

本稿はそのタイトルの通り、建築プレゼンに向けたIllustrator術だ。 具体的には、建築学科生を対象とした、必要最小限の手間とスキルで、必要最低限の見やすさを確保するためのグラフィックデザイン術である。イメージボードやプレゼンシート、あるいは簡易…

設計課題で考慮すべき「プレゼンテーションの掟」とは?

数年間の建築学科生活を通じて、入学当初よりは幾分マシなプレゼンテーションが出来るようになったと思う。かつてのプレゼンに悩み苦しんだ自分に宛てるつもりで「自分のプレゼンテーションに足りなかったもの」をここに書き記す。

建築学生だけが「建築学科は忙しい」と信じ込んでいる

提出間際の睡眠時間の多寡を互いに報告しあうという実に惨めな現状を、当人たちだけでなく教授陣も業界人も暗黙のうちに認めているのが建築教育の現場なのです。 なぜ他の学科に比べ建築学科がこれほど忙しいという迷信が当然の如くまかり通っているのでしょ…

1回生のうちからCADによる製図を学んだほうがいい理由を3つ

あなたが大学や専門学校で手書きによる製図が義務付けられたからといって、CADの勉強を後回しにする理由はなにもないのです。 本記事で語られる“CADでの製図が認められていない1回生のうちから、それでもCAD図面の作図スキルを学んだ方がいい具体的で即物的…